風俗の高みを目指して

出来る限りのことは風俗で

風俗では出来る限りのことはしたいなって思っています。というのも、風俗に行っておけばそこで性欲面では満足出来るのは間違いないじゃないですか。だから満足したいのはもちろんですけど、そこで悔いを残したくないって気持ちもあるので、出来ることはがっつりと楽しんでおきたいなと思っているんですよ。例えばですけど、やっぱり自分の中で何よりも貴重だなって思っているのは舐めてもらうことですけど、どういった形で舐めてもらうのかもしっかりと考慮しておきたいなって思っています。普通に舐めてもらうだけじゃなくて、いろいろない姿勢で舐めてもらいたいなって思っているので、悔いを残さないよう、いろいろな形で舐めてもらっています。ここは女の子のテクニックが出る部分だと思いますし、男としてはやっぱり気持ちを発散させるための場所でもありますよね。これを意識するようになってから、自分の中での風俗での満足度も高まっていますし、重要ですよ。

自慢じゃないが、風俗マニアです

自慢している訳じゃなく、風俗マニアだと思っているのはそれだけ遊んでいる回数が多いのもありますし、一つのジャンルに絞るのではなくて好奇心を発揮していろんなジャンルの風俗を楽しんでいるという自負があるからこそです。風俗は義務じゃないんです。風俗で遊ぶのかどうかという点から自由ですし、じゃあ遊ぶにしてもどの風俗を遊ぶのかという選択肢もあるじゃないですか。それもまた、自由なんですよね。特にバリエーションが豊富な世界でもあるので、全然飽きないじゃないですか。そこもまた、とっても楽しいんです。いろんな楽しさが待っているのもあるので、風俗での時間はまさに「特別」そのものです。代用出来るものもないじゃないですか。料理を食べたいってなったらお店はたくさんありますし、自炊っていう方法もあります。でも風俗は女の子に抜いてもらう以外の選択肢がないんじゃないかなと。まぁ性欲に関しても自分で抜くことは出来ますけどね(笑)