風俗の高みを目指して

限界に挑戦したくなりますよね

風俗に行くと、つい限界まで挑戦したくなる自分がいるんですよ(笑)貴重な瞬間じゃないですか。その時間だけは周囲の目だとか、いつもの自分のようにあまり自己主張しないようにとか考えるのではなく、自分の快感だけを考えられるんです。ストレス解消になるのはもちろんですけど、精神的なはけ口にもなってくれていますよね。とにかくそれくらい特別な時間そのものなんですけど、特別だからと言っても受け身で楽しむのではなくて、自分なりにアグレッシブに楽しみたい気持ちがあるんですよ(笑)むしろ「今回はどんな形で楽しもう」みたいな自分に対しての欲求が出てくるんです。風俗に行くからには、満足したいのは当たり前として前回以上の満足を求めたい。その気持ちが自分を限界まで走らせるんです。まったりと女の子と話しているのも嫌いじゃないですけど、自分への挑戦ということで、時間ギリギリまで快感を目指す姿勢は常に忘れたくはないなって思っているんですよね。

慣れてくると見えること、多いですし

風俗は一度だけで判断するのではなくて、自分でいろいろなことを考えるのもまた、大切なことなんじゃないのかなって思うんですよね。というのも、風俗もまた、慣れの問題は大きいと思うんです。場数と言うか、慣れてくればそれなりに見えてくることは多いんですよ。それによって、じゃあ何が出来るのかってことを考えたりするじゃないですか。慣れていないと、取り敢えず目の前の風俗嬢とどう楽しむのかってことで頭の中がいっぱいになってしまうものかもしれません。でも慣れてくれば何を求められているのかや、どういったことが大切になるのかなどいろいろなことが分かってくるんです。そうすると、じゃあ楽しむためにはどういったことが大切なのかってことも自ずと自分に備わってくるような気がするんですよね。別に自分も風俗の勉強をしているとかではないんですけど、慣れてきているおかげで風俗嬢相手に言っちゃいけないことは何かなども分かってきましたしね。