風俗の高みを目指して

超がつく美人だったんですよ

正真正銘の美人風俗嬢との一戦は未だに強く印象に残っています。風俗では外見に対してそこまで強いこだわりを持っている訳ではないんです。良ければ良いとは思いますけど、一方ではそこまで強いものではないというか、外見も選択肢の一つ程度であって、外見だけで選んでいる訳ではない。そんなスタンスなんですけど、その彼女は本当に可愛かったです。あれだけのビジュアルがある。それだけで他に何もいらないと言っても決して過言ではないレベルですね。だからこそ、自分の中で燃え上がったんですよね(笑)それにただ単に顔が良いってだけじゃなくて、清潔感もあったんです。そこに大きな感動がありました。生活環のある風俗嬢、悪くないなって思ったんですよね。見るからにギラついていてエロスな雰囲気を放出しているのではなく、清潔感があるのでこっちの気持ちもかなりドキドキさせられました。とにかくいろいろと印象に残る風俗になったことが嬉しかったんですよ。

利害が一致していると思うのがピンサロ

割とお世話になる風俗があるんです。それはピンサロです。もしかしたら少数派なのかなとも思うんですけど、ピンサロは自分にとって利害が一致している風俗なんですよ(笑)だからかなりお世話になっています。というのも、自分は彼女がいるんです。恋人がいるんですけど、彼女はフェラが嫌いなんです。苦手ではなく、嫌いなんです。まぁ恋人同士ともなればそういったことはあまりしないのかもしれませんけど、でも自分はフェラをしてもらうのが大好きなんですよ。となると、その差分をどこかで埋めなければならないじゃないですか。フェラをしてもらえるサービスと言えば風俗ですけど、別にそれ以外のことを求めている訳じゃないんです。女の子を攻めたいって気持ちは恋人相手に満たせていますので、それこそフェラだけで十分なんですよ。となると、ピンサロこそ理想って話ですよね。ピンサロであれば安いし、他の風俗のようにこちらが攻めるとか余計なことをする必要もありませんし。